2008年07月31日

判定は難しい・・・

内藤大助選手が3度目の防衛に成功。


昨日のダブルタイトル戦は2試合とも良い試合でしたね。

内藤と清水の試合は4Rと8Rにジャッジのポイントをアナウンスするというスタイル。

4Rまでは内藤の動きが固く清水のリード。
ただ、それ以降は内藤が落ち着いてペースを取っているなと感じていたので判定を聞いてビックリ!

内藤自身も8Rで負けていたのでビビッたと言っていましたが私もビビリました。(^_^;)

倒せたから良かったようなものの、あのまま判定まで行っていたら危なかったんでしょうねぇ。

ボクシングの判定ってホントにわかりません。
毎回当たった試しがない(^_^;)

まぁドラマの視聴率もよく、盛り上がっていただけに勝てて良かったなと。

次は亀田なんでしょうか?
あんまり見たくはないかなぁ・・・

亀田はもう良いです。(+_+)
posted by すなけン at 17:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 格闘技
この記事へのコメント
亀選手は実力あるのにメディアにいいように踊らされて
切られた感があるんでもったいないと思います

内藤選手もあまりメディアに踊らされないことを祈っています
Posted by 俺だけのオーレ at 2008年08月01日 11:50
>オーレ君

一方的にメディアに踊らされたって事ではないと思うよ。
亀田もTBSもお互いに利用していたから。

亀田を見たくない理由は品が無いから。
言い換えると「美しさ」が無いから。

違うセコンドで、違うジムで、亀田興毅個人として出てくるのなら良いけれど、セットでついてくる人達を見たくないんだよねぇ。試合と関係のないところで気分が悪い。

坂田との試合ならみたいけど、内藤とはやらなくていいです。
でも内藤との試合の方が話題にも金にもなるんだよなぁ・・・

Posted by すなけン at 2008年08月05日 08:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17472851
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック