2008年09月24日

DREAM.6

例によってテレビ観戦です。


気になった選手や気になった事をちょろちょろと書いてみましょう。




ゲガール・ムサシとホナウド・ジャカレイは良い選手ですねぇ。

ムサシが勝ちましたが、ラッキーパンチ(キックですけど)の要素が強かったので実力的には大差ない2人です。

トータルバランスという意味ではムサシでしょうが、ジャカレイもその分を補える寝技の強さを持っているのでもう一度見てみたい試合です。



ミルコとアリスターの試合は予想通りの展開でした。
次にやってもミルコが勝のは厳しい気がします。
ミルコは体重を落としてミドルになった方が面白いかもしれません。

見ていてイヤになった試合は船木と美濃輪の試合ですね。
船木の関節技は「極め」ではなく「破壊」です。

動きの硬さからもゆとりの無さが見えてきます。

関節技は簡単に破壊する事も出来るが、それをコントロールするところに美しさがあるのです。

パンクラスを立ち上げた頃、壊しあいはイヤなんだ!と叫んでいたのは一体誰だったのか・・・

憧れを持ってみていた選手ですが、今の私にその思いは残っていません。


もう一つ気分の悪かった試合。
所英男と山本篤。
試合内容は良いんですが、気に入らないのは試合後のマイクです。

以下スポーツナビより引用
ノリさん(山本“KID”徳郁)、チャンスをありがとうございました。ノリさんがいなかったら勝てなかったです。勝ててうれしいです。所選手ともう一度やって、次はもっと全力でいきます。ちょっと力抜きました。


勝った選手が負けた選手に言うセリフ?
なぜそこで強がる必要があるのか?
負け惜しみなら気持ちもわかりますが、勝っているのにこの言葉は解せません。


他のスポーツよりも直接暴力と結びつくだけに、

「心」

の部分を忘れて欲しくありません。

格闘技はただの殴り合いでも喧嘩でもないのですから・・・。


今回の大会は可もなく不可もなくといった感じでしょうか。
「ドリーム」と銘打つ大会ならば、もう少しワクワクするようなカード、ドキドキするような試合が見たいモノです。
posted by すなけン at 17:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 格闘技
この記事へのコメント
私、珍しく最初から見てました。

所選手の試合あたりからテンションダウン。

試合内容がつまらないとかそういう話ではないんです。時代の変化とか
流れなんだだろうなって。だったらお前がやってみろって言われたら
大至急土下座なのですが、なんだろ。。ただでさえ第三者に伝わりにくい
関節技をのプロの試合として、成立させるって聞いたあの時の衝撃。
夢がありました。今は相手が関節技で怪我してなんぼってのが主流に
見えてしまって。。すなけンさんの様に上手く表現出来ないんですが
番組を最後まで見たらちょっと暗くなってしまいました。。

不適切でしたら削除お願いします。
Posted by Y at 2008年09月25日 22:59
> Yさん

ほぼ同じ気持ちです。

今の格闘技、特に総合の選手達が持っている「プロ意識」って私達が思うようなものとは違うんですよねぇ。

それでお金をもらえるからプロということでも、プロと名が付くリングに上がっているからプロってことでもないんですけどねぇ。

Posted by すなけン at 2008年09月25日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19945840
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック