2006年09月18日

タイソン男祭り参戦か?

かっての鉄人マイクタイソン。
プライドとファイト契約を結んだらしい。

確かに名前はデッカイが、今更タイソンの総合を見たいかなぁ?
東京ドームで負けるまでのタイソンはもの凄く強かった。
しかし、一度狂った歯車は元に戻ることはなく、鉄人と言われたボクサーは過去の人となった。

しかし、その影響力のある名前を利用しようとK-1やPRIDEなどの新興格闘技団体がなんとか自分のリングにあげようと必死になっていた。
タイソンをリングにあげる利点としては・・・つづき
posted by すなけン at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技

2006年09月16日

久しぶりに育ててみようかな

大人のメンバーが増え、それ程手を掛ける事もなくなっていた最近のMARS。
自分の練習だけできればいいなと思っていた。

が、昨日ちょっと心境に変化が。

本人には何も言わないけど、ちょっと本腰入れて考えちゃおうっと。
posted by すなけン at 00:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 格闘技

2006年08月23日

亀田興毅、ランダエタと再戦・・・

10月に再戦が決定したようだ。

久しぶりにテレビで見たが、甲子園で熱投を繰り広げた早実の斎藤や駒大の田中と見比べてしまうと非常に作りものっぽさが見えてしまう。

これまで自らを演出し人気も出ていたが、前回の結果ですっかり輝きを失ってしまったように思う。
あの結果で喜んでしまった姿を見て、冷めてしまったファンも多いのではないだろうか?

今回の駒大苫小牧の田中を見て、負け方というものの大事さを感じた。
真っ向勝負で最後は三振、しかし力を出し切りやることはやったという笑顔。
あの笑顔が熱戦を更に素晴らしいものにしてくれた。

駒大(田中)は負けたがその評価を下げた選手は一人も居ない。
逆に評価をあげたことだろう。

プロ選手だからある程度の言葉や演出も必要だろう。
しかし、本当に心に響くのは言葉や作為的な演出ではない。
posted by すなけン at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技

2006年08月06日

秋山の逆十字

ビデオで見返してみたら極まってないね。
でも裁定をひっくり返すのはどうかな?と思う。
posted by すなけン at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技

HERO'S

いつもよりレベルの高い試合もあり、楽しめたところもある。
日本人より外国勢の強さが目立った。
ブラックマンバは名前を聞くとイロモノ的な存在と思ってしまうが、打撃も寝技も強い良い選手。
宇野は苦しい展開だったが粘り勝ち。
ところは動くのは良いことだけどもう少し考えて押さえる所は押さえないとダメだろう。

秋山と金の試合は止めて正解だと思う。
あの体勢に入られた時点で負けと一緒。
意地を張ってケガをする所までやるのはよくない。
試合後ミスジャッジを認めて判定勝ちという結果になったようだけど、そんなコトする必要ない。
レフリーが危険だと思ったら止める権利があるんだから止められて文句を言ってはいけない。

桜庭・・・TBS・・・またか。
あきらかにノックアウトだろ?
テレビと興行を考えてのことなんだろうけど、あれは無い。

この試合を見て、もう桜庭は昔のようには輝けないと確信した。
打撃に苦しめられた経験から打撃を練習し、シュートボクセスタイルで戦っているが、それでは桜庭本来の持ち味が出ない。
打撃だけならもっと上手い選手がたくさんいる。
カッとなりやすい桜庭の性格では今回のようにクリーンヒットをもらいあっさり負ける危険性がグッと増してしまう。
打撃をするのも必要、だけどあくまでも桜庭は組技の選手。
そこを生かす為の打撃をしないと意味がない。

桜庭という名前に惑わされているが、残念ながら今の桜庭は1流選手ではない。
posted by すなけン at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技

2006年08月03日

一夜明けて・・・

判定については非難囂々で安心している。
あれで諸手をあげて喜ばれたら今後ボクシングなど見れない。

テレビでは朝から生放送に亀田選手が出演。
判定について厳しい意見を述べている人もいたが、基本的には良かった良かったという雰囲気。

本人は勝ったと思った。判定はジャッジによって好みがある。勝ったから次に繋がる等と述べているが、本気で言っているのだろうか?

実況や解説が亀田よりなので惑わされてしまう部分もあるが、
音声を消して映像だけを見てみるとどちらが優勢かはよくわかる。
亀田選手のパンチに対してランダエダは首を振って逃がしていたり、一見すると腰が砕けたようにみえる場面も実はしっかりと足を曲げて交わしていたのだと言うことがよくわかる。
パワーはないが、テクニックでは2枚くらい上をいっていたように見えた。


確かに今回の結果は亀田選手には全く罪はない。
持てる力を全て出して戦っただろう。
問題はまわりだ。
協会なのかテレビ局なのかジムなのか・・・あるいはその全て。

ガッツ石松が良いコメントを出していた。以下毎日新聞より
つづき
posted by すなけン at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技

2006年08月02日

おいおいおい!亀田勝ち?

前回の試合に続いて、今回も・・・
これ世界にも放送されるんじゃないの?
恥ずかしいなぁ。
posted by すなけン at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技

2006年07月13日

あちぃ〜よぉ〜

今日は今年一番の暑さだったようだ。
夕方少し夕立があったお陰で少しは気温が下がったが、体育館の中はサウナのよう。

練習前の掃除とマット敷きで汗だく。。。
その時点で今日の練習は終わったという気分になる。

もう500mlのペットボトルじゃ間に合わないなぁ。
汗が滝のように流れてくる。
これから2ヶ月くらいは覚悟して練習しないといけない。
熱中症にならないように水分補給を忘れずに!
posted by すなけン at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技

2006年07月04日

プライド無差別GP2回戦

フジテレビ撤退のゴタゴタが選手、スタッフ、観客に影響し、悲壮感の漂う大会だった。

メインクラスの試合内容に関しては問題なく、高いレベルの試合内容。
しかし、前半戦は・・・

テレビが降りたと言うのはやはり大きな事なのだと改めて実感した。
フジという大きなところが降りた、それもスキャンダルがらみで。
当然他の企業もイメージが大事。
フジに右へ習えで撤退。

他にもVTRやアナウンサー、カメラワークなど、やはりフジテレビは凄かったんだなぁ。

来月の武士道は大丈夫なんだろうか?
posted by すなけン at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技

2006 K-1MAX

ちょっと遅くなってしまったが、K-1MAXが終わった。
優勝はブアカーオ。

魔裟斗は自信満々だったようだけど、力及ばずサワーに敗退。
似たようなタイプだけど、サワーの方が体の軸が安定している分レベルは上。
魔裟斗は蹴りのバランスが悪いし、右のパンチの軌道が悪い。
アレを治さないとダメだろうなぁ。

ルール変更で首相撲が出来なくなり、力を発揮出来なかったブアカーオが今回はきっちりと対応してきた。
ムエタイスタイルからパンチ主体のスタイルに。
私が見たいのはブアカーオの体裁きだったのだが、今のルールでは仕方ない。

今回の試合をみて、やはり決勝の二人が抜けている感じだ。
とくにブアカーオの体のバランスは素晴らしい。

なんか今のメンバーでは今回の大会で一区切りついたような気がするなぁ。
posted by すなけン at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技

2006年06月30日

子供の体

昨日のMARSでの出来事。

メンバーのニシノくん、
「すなけンさん!重心の安定した立ち方ってこんな感じですか?ちょっと閃いたんです!」というのでやってもらった。
全然ダメ。
その立ち方で自分自身安定した感じがするのだろうか?
一目見ただけで重心が浮いているのが見て取れる。
そんなんじゃ全然ダメと軽く押してあげたらグラグラ。
本人は(・・?..)?アレェと不思議顔。
この一週間、自分なりに考えて何やら自信があったのだろう。
まぁこの考えてというのがダメなんだけどね。
感じていかないと。

そして昨日は をぢさんっ★の娘(6才)も来ていたので試しに立たせてみた。
つづき
posted by すなけン at 18:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 格闘技

2006年06月29日

紅一点頑張る。

流石に体育館が暑い・・・。
しかし、まだ風もあり窓を開けている分にはなんとかなる。
これから先が憂鬱だなぁ。

さてさて、メンバーが入れ替わりつつある我がMARSです。
そんな新メンバーの中で唯一の女性メンバー(おっと、をぢさんっ★の娘もいたか)HN ホ さん。
今日も受け身や肩抜きの練習を黙々とやっていた。
不器用ながらも何度も何度もクルクルクルクル。
見ている方が気持ち悪くなるくらい。(x。x)

しかし、練習が終わる頃には綺麗な受け身になっていた。

これからのMARS女性部門を任せられる人材に育って頂きたいと願っております。( ̄^ ̄ゞ ケイレイ!!
posted by すなけン at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技

2006年06月22日

寝不足は大敵!

ワールドカップが始まって2週間くらい?
寝不足が溜まっています。

体が重いのナンノ(;-_-) =3 フゥ
MARSに体験に来た人と久しぶりに寝技のスパーをしたんだけど、動く気にならない。
何をしてくるのかもわかるし、何をしなきゃいけないかもわかるんだけど、体が重くて動かない。
まぁいいや〜という感じのスパーになってしまった。

ワールドカップっていつまで続くんだ?
ドカーンと寝たい・・・(-。_)。。o〇
posted by すなけン at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技

2006年06月15日

復活の兆し

今日は大雨なのに練習に来てくれた。

最近のMARSは学生の就職が続き、参加人数が寂しくなっていた。
しかし、最近HPからの問い合わせも順調に伸び、新しいメンバーが増えてきた。

今日は先々週入ったメンバーに受け身を指導。
受け身の練習ってつまらないんだけど一生懸命やっていたなぁ。
終わりの頃にはとても綺麗な受け身がとれていた。

レベルはまだまだだけど、徐々に活気が戻ってきたな。
これから夏にかけてさらに盛り上がっていきましょう〜!
posted by すなけン at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技

2006年06月04日

プライド武士道 其の十一

試合結果に関してはまだ言わないが…面白かった!

全ての試合に外れ無し!
判定の試合もあったけど、只の膠着ではない。
非常にレベルが高く、ドラマ性もある素晴らしい大会だった。

なぜこれをゴールデンでやらないのだろう?
昨日のK-1なんて今日の第一試合にすら遠く及ばない。

posted by すなけン at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 格闘技

2006年06月03日

ムエタイジムが出来た!

ウチから歩いて10分くらいのところにムエタイのジムが出来ていた。

信号待ちをしている時にボディプロテクターが目に入った。
入ったと言っても直ぐにわかったわけではなく、見たことあるモノだなぁ?
なんだっけアレ?…あ!プロテクターじゃないか!
なんでこんな所にたくさん?

以前はレンタルビデオ屋だった場所なので今もそうだと思っていたら、違う看板が掛かっていた。
なんて名前だっけなぁ?
・・・カタカナで書いてあるから目には入ってくるんだけど、脳でとどまってくれない。
タイ人の名前難しいよねぇ。(x。x)゜゜

昨日またここの前を通ったら、いかにも初心者がリングの中でミットを打っていた。
つづき
posted by すなけン at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技

K-1ソウル大会

つまんない試合ばっか。
あれをゴールデンタイムで流すフジテレビは勇気があるなぁ。
そんな勇気があるのなら!なぜプライド武士道をゴールデンで放送しないの?
数倍面白いのに。

最近ずっとそうだけど、今回は特にレベルが低くてみてられない。
面白かったのはレイセフォーvsルスランカラエフだけ。
あとは2倍速で見てしまった。
つづき
posted by すなけン at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 格闘技

2006年05月18日

7年の変化

今日の練習に懐かしい顔が来てくれた。

当時中学生だった子達だが、今やすっかり大人。
22才かな?

また打撃を一から教えてください!
とお願いされたけど…。
当時と今では私の技術も大幅に変化し、いわゆるスポーツ的な動きは教えられないようになってしまった。

現在の技を少しだけ見せてあげたので、私の言ったことは理解してくれたと思う。
でもたくさん練習に来てくれるのは大歓迎だ。
一からは教えられないけど、ところどころアドバイスは出来るからまたおいでね。
posted by すなけン at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技

2006年05月12日

重心の安定

以前より重心の安定は意識していた。
しかし昨日の練習で新しい気づきを得て、その重要さを再確認した。


よくスポーツなどでは親指の付け根(拇指球)に体重を乗せると言われる。
しかし、ほんとは違う。
足の裏の一点に重心を乗せてしまうと体が居付く。
重心は土踏まずの中を絶えず移動しているモノなのだ。

つづき
posted by すなけン at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技

2006年02月07日

崩し

人を投げる時に必要なもの、それが「崩し」

柔道やレスリングなどの経験者は当然知っていることだが、しっかりとバランス良く立っている人間を投げるのは困難である。

ではなぜあれ程キレイに人間が宙を舞うのか?
その秘密が崩しにある。

崩しとは読んで字の如く、崩す訳だが、果たして何を崩すのか?
相手の体勢?姿勢?考え方?答えは簡単、「バランス」である。

バランス良く立っている人間からバランスを奪うことで投げ技が成立するのである。
柔道などではその為の方法を8方向の崩しとして学んでいく。

1,前
2.後
3,左
4,右
5,左前
6,右前
7,左後ろ
8,右後ろ

以上の8方向だが、これでは少々説明が足りず、理解しづらい。
ではもう少し分かりやすく崩すということを説明してみよう。

つづき
posted by すなけン at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技